HOME / 病院について / 部門紹介 / 医療支援部門

医療支援部門

医療支援部門

医療支援部の役割

 医療支援部は、「リハビリテーション技術科」、「放射線技術科」、「検査技術科」、「臨床工学科」、「医療情報科」、「栄養管理科」の6科で構成され、それぞれの科に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、管理栄養士、医療映像技師などの医療専門職が所属する組織です。
 医療支援部のスタッフは、医師から患者さんの検査や治療の指示を受け、関連する部署と連携を図りながら、専門的な医療サービスを提供し診療を支援します。
 医療支援部門の実力は、病院の総合力の基盤となるものです。「質の高い医療」と「安全で高度な専門医療」を継続して提供するため、これからも患者さんを中心とした医療チームの一員として、自らの専門性を発揮していきます。

リハビリテーション技術科放射線技術科
検査技術科臨床工学科
栄養管理科医療情報科

前のページにもどる