HOME / 病院について / 医療安全管理に関する指針

静岡市立静岡病院における医療安全管理に関する指針

1 医療安全管理に関する基本的な考え方

 患者にとって安全性の高い、質の良い医療を提供していくためには、医療人としての職業倫理観をもつこと、及び患者との信頼関係を構築することが必要である。
 当院は、人間は誤りを犯すということを前提とし、個人レベルでの事故防止にとどまらず、組織的に事故防止に取り組むものである。さらに安全対策への患者参加を促進していくものでもある。

2 診療情報提供のあり方

(1) 医療内容について十分な説明を行う。
 患者に症状や治療の方法などを十分に説明し、理解と納得が得られるように努める。
(2) 患者の求めに応じて診療記録の説明や、開示を行う。
(3) 患者が診療計画などに自ら参加し、決定できるようにする。
 患者と協力関係のもとで納得できる医療の実現に努める。
 患者の求めに応じて、他の医療機関の意見も聞くことができるように努める。

3 医療安全管理のための体制に関する基本事項

本院の医療安全管理に関する基本的な考え方に則って安全管理体制を以下のとおりとする。
(1) 医療安全管理室
 医療事故防止に努めるとともに事故発生時に対応を迅速かつ正確に行う等医療安全全般について組織横断的に活動する。
 病院長直属の組織とする。
(2) 医療安全管理委員会
 医療安全管理作業部会の検討結果を受けて医療事故防止対策を決定する。
(3) 医療安全管理作業部会
 カテゴリー毎に作業部会を設ける。本院の医療事故報告制度に則って収集されたインシデントレポートを各部会で原因分析し、事故防止対策を立てる。
(4) リスクマネージャー
 各診療科、各看護単位、コメディカル、事務局等各部門部署に配置する。
 各部門各部署のインシデント・アクシデントレポートの原因分析、事故防止対策を検討し再発防止に努める。また、所属職員の教育・監督を行う。
(5) 医療事故調査委員会
 医療過誤、あるいはその疑いのある医療事故が発生した場合、医療安全管理室の依頼に応じ事故の原因、医療過誤の有無を調査し、再発防止策を検討する。
(6) 地域医療支援室
 患者サイドからの苦情等を受付け、医療安全に関するものについては医療安全管理室に報告する。
(7) 院内感染対策
 感染対策担当者(感染対策委員会委員長)を院内感染対策の責任者とする。
 院内感染対策マニュアルにもとづいて実施する。
(8) 医薬品の安全使用の確保
 1)薬剤部長を医薬品の安全使用を確保するための責任者とする。
 2)医薬品の安全使用のための業務手順書にもとづいて実施する。
(9) 医療機器の安全使用の確保
 1)臨床工学科責任者を医療機器の安全使用を確保するための責任者とする。
 2)「医療機器・診療材料に係る安全管理のための体制」にもとづいて以下を実施する。
   ^緡典ヾ錣琉汰柑藩僂里燭瓩慮修
   医療機器の保守点検
   I垓餽臂霾鵑亮集

4 医療安全管理のための職員研修・教育に関する基本方針

医療安全管理のための基本的事項の周知徹底を図るため院内職員研修を定期的に開催する。
医療事故情報を共有するために情報誌により注意を喚起する。

5 医療安全管理における改善方策に関する基本方針

職員の医療安全に関する意識を高める。
医療事故はシステムの欠陥から起こるものとの観点から事故防止策を立てる。
医療事故防止マニュアルを常に整備する。
業務の標準化を推進する。

6 医療事故等発生時の対応に関する基本方針

患者に何らかの事故等が発生した場合には、医師、看護師等の連携の下に誠心誠意必要な処置をおこない救命・治療に全力を注ぐとともに、医療過誤が疑われる場合は上司を通じ速やかに医療安全管理室に報告する。

7 医療安全管理指針の閲覧に関する基本方針

本指針はホームページに掲載し、一般に開示する。また、患者等から閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。


附  則
この指針は、平成15年8月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成16年4月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成17年2月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成19年8月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成20年8月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成21年8月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成22年7月1日から実施する。
附  則
この指針は、平成23年7月1日から実施する。

前のページにもどる