HOME / 患者の会

患者の会

心臓病友の会

 この会は、静岡市立静岡病院ハートセンターに受診し登録された患者によって自主的に運営されている会です。

 心臓病友の会の目的は、一つには医学的知識を豊かにすることによって“セルフコントロール(自己制御)”の技術を身につけること。いま一つは患者さん同志の交流親睦によって、お互いに精神的支えを得ることの二つです。そして、病院側としましてもこの会の活動を医療の一環としてとらえており、今後の発展を暖かく見守っておられます。
 さて、この会の主な行事は年2回の例会に、静岡病院の諸先生方、看護師さんなど医療スタッフによる講演、医療相談、生活指導等の懇談を行います。更に、先生、看護師さん同行の旅行(日帰り又は一泊)や、新春懇親会、各支部会など会員相互の親睦もはかっております。昭和51年(1976年)の創立以来、活動も年々活発となり、会員も約300名となっており、会員同志の絆を深めております。
 静岡病院で同じ病を治療中の私達です。お互い手を結び病気を克服して社会生活に対応して参りましょう。

 顧問である名誉会長の篠崎拓先生は「友の会の存在はお互いの自己管理法と術後の自然予後を確認して、残りの人生設計に役立てることにある。」といいます。
 心臓に病を抱えながらも泰然として生きている会友の姿に接するだけで元気をもらいます。そして命ある今の自分を再確認して明日に希望をつなげている。そういう人たちが一杯いる会です。
 入会は自主意志によって、誰でもいつでも入会できます。

あなたのご入会を心よりお待ちしております。
静岡市静岡病院 心臓病友の会会長 梅原 泰啓

お申し込みについて

お申し込みは、入会申込書にご記入の上、申込箱に入れるか、事務局に郵送してください。
この申し込み用紙及び申込の箱は、静岡病院 東館3階ハートセンター外来、西館8階病棟、9階病棟にあります。

入会金について

入会金は1,000円、年会費は2,500円です。入会者には会員証、バッチをお渡しいたします。

お問い合わせは事務局まで
静岡市葵区 望月 TEL:054-261-9780

糖尿病友の会(たちばな会)

  名誉会長  真田 郁夫
  会長    村松 輝男

<糖尿病友の会について>

この会は「静岡市立静岡病院糖尿病友の会」として、患者有志により病院の協力のもと、平成3年に発会しました。

<会員資格>

静岡市立静岡病院に受診したことのある患者さん、並びにその家族、及びそれに準ずる方ならどなたでも結構です。

<こんな活動をしています!!>

総会(4月)と、夏季・秋季・冬季例会
    *病院内外の医師、スタッフによる講演会も開催。
    *会員体験発表、院内スタッフによる医療相談会なども好評です。
グループ活動(年2回程度):アウトドア活動(ウォーキング、旅行など)
    *楽しみながら出かけましょう!
会報の発行(年数回)
    *事業の案内、糖尿病の情報収集に役立ちます。

☆入会手続き、年会費等 お問い合わせ

・入会手続き
 静岡市立静岡病院 内分泌・代謝内科外来窓口の入会申込書を申込箱に投函してください。または友の会事務局にご連絡ください。
・会費  入会金1,000円、年会費2,500円
・連絡先 友の会事務局(054−251−8787:野崎)
  
皆さんのご参加お待ちしていま〜す! 

消化器病友の会(ウルクスの会)

『ウルクス』とは、ラテン語で『潰瘍』を意味します。
消化器病友の会の前身は、ウルクスの会であります。ウルクスの会は、平成3年(1991年)静岡市立静岡病院消化器科の先生方を中心に消化器病の治療に関する啓蒙活動として公開医学講座を開催されたのが始まりであります。以来、毎年院内外で講演会を開いてこられました。そして病院主導で積み上げられたゆるぎない実績を基に平成12年(2000年)消化器病友の会として会員の自立的な運営組織となりました。静岡病院消化器科と関連科の先生方のご指導を仰ぎながら今日に至っています。

『消化器病友の会』を紹介します。

目的 

 
消化器病の治療と予防に関する知識を高めて、健康保持に供するとともに会員相互の福祉の増進を図ることです。

入会について

静岡市立静岡病院消化器内科外来及び入院患者並びに本会の趣旨に賛同する方なら、いつでも、どなたでも会員になれます。

事業

公開医学講演会(原則年2回)健康の保持増進の学習会  など

会費について

入会金 1,000円
年会費 2,000円

入会をお待ちしています。

お問い合わせは
静岡市駿河区 塩澤 TEL 054-259-0409