HOME / 診療科のご案内 / 泌尿器科 / 腎臓がんの最近の手術方法

泌尿器科

腎臓がんの最近の手術方法

 腎臓にできるがんには主に腎細胞がんと腎盂がんがあります。「腎臓がん」「腎がん」といえば、一般に腎細胞がんのことです。

 腎細胞がんが見つかった場合、まだ腎臓外に転移していない早期がんの状態であれば、手術で体内から取り去ることが原則です。腎臓は左右に2つあるため、がんのある方の腎臓を全て切除する「腎摘除術」が標準治療とされてきました。ところが、腎摘除術から長期間経つと慢性腎臓病になりやすく、心血管系の合併症(心筋梗塞や脳梗塞など)が起こりやすくなることが報告されたことから、小さな腎細胞がんなら、がんだけを切除して正常な腎臓を残す「部分切除」が最近勧められるようになってきています。適切な部分切除を行えば、腎摘除術と比べてがんの再発率に差がありません。また、すでに片方しかない腎臓にがんができた場合や、左右両方の腎臓に多数のがんがある場合には、透析を避けるため部分切除を主に考えます。

腎部分切除術 腫瘍を切除

 部分切除では、腎臓の血流を一時的に止めている間にがんを切り取り、切った断面を縫い合わせてから血流を再開します。血流を止めると腎臓の細胞が弱り、長時間だと回復しなくなるため、手術時間に制限があります。また、切り取った部分からの再出血や尿漏れなど、腎摘除術にはない合併症が発生する危険性があります。対象となるのは、比較的小さいがんです(一般に4cm以下)。がんのできている場所により、開腹手術か腹腔鏡手術かを決めます。腹腔鏡手術の方が傷が小さく出血が少ないため、手術後の痛みが少ない、回復が早いという利点があるのですが、制限時間内に綺麗に切ったり縫ったりすることが難しいことから、腎臓の表面からこぶのように突き出しているがんのみが腹腔鏡での腎部分切除術の対象となります。

腎摘除術 腎臓全体を摘出

 それに対して、腎臓の奥深くにあるがんや、腎臓に栄養を送る血管の根本に近いがんなどは、腎摘除術の方が安全な場合が多々あります。腎摘除術だと、部分切除と較べて手術時間が短く、手術直後の合併症もほとんどありません。また、腎周囲の臓器に食い込んでいないかぎり、7cmくらいまでなら腹腔鏡手術で行うことができます。それぞれの手術に一長一短があるため、腎細胞がんの大きさや場所、手術前の腎機能、糖尿病など他の病気や血液を固まりにくくする薬の内服の有無などを考えながら、腎摘除か部分切除か、そして腹腔鏡手術か開腹手術かを患者さんと相談しながら決めていくことになります。

 先進医療としてごく一部の病院で行われている、手術ロボットを用いた腹腔鏡下腎部分切除術が平成28年4月から健康保険適応になりました。ロボットだと繊細な操作が可能になりますので、今まで難しいとされた奥深くにあるがんも含め、腹腔鏡での腎部分切除の対象が大きく広がると期待されています。

 病院広報紙「体温計」2015年2月号(第119号)より〉

小径腎がんに対してのロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術については、「体温計」2018年2月号(2月1日発行予定)にも掲載の予定です。


「静岡市立静岡病院ホームページ」に掲載されている文章、写真、イラスト、画像等の著作権は、静岡市立静岡病院またはコンテンツ提供者の方にあります。これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png