グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 臨床試験管理センター > 製造販売後調査 > 医療系業界透明性ガイドラインに対する当法人の対応

医療系業界透明性ガイドラインに対する当法人の対応


               令和元年8月1日

          日本製薬工業協会
          日本医療機器産業連合会
          日本臨床検査薬協会
          日本血液製剤協会


会員各位
地方独立行政法人静岡市立静岡病院理事長

 製薬産業や医療機器産業をはじめとする医療系業界との連携の際に生じる利益相反のマネジメントには、透明性を確保することが最も重要かつ効果的な方法と考えております。この透明性の確保は、社会からの要請であり、国際的な動きでもあります。
 以上のような考えに基づき地方独立行政法人静岡市立静岡病院(以下「当法人」という)は、以下医療系各業界のガイドラインを尊重し、会員企業等による当法人に関わる企業活動の情報公開に同意いたします。
ただし、「原稿執筆料等」については会員企業から当法人職員個人に情報公開についての同意をあらかじめ得たうえで、依頼を行っていただくようお願いします。

・日本製薬工業協会
「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」
(2015年2月19日改定、2018年9月20日改定)
・日本医療機器産業連合会
「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」
(2019年4月1日改定)
・日本臨床検査薬協会
「体外診断用医薬品の企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」
(2017年10月1日改訂)
・日本血液製剤協会
「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」
(2012年2月16日制定)
 
*本内容に係る公文書(PDF版)を希望される場合は、こちらからダウンロードしてください。
*当法人は個別の同意書は発行いたしません。本通知は現在締結済みの契約で「透明性」の規定条項が含まれていないものに適用いたします。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。