グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 重要なお知らせ > 当院の新型コロナウイルス感染防止対策について

当院の新型コロナウイルス感染防止対策について


当院では、新型コロナウイルスの感染防止のため、医学的事実に基づき、次の取り組みを実施しています。
外来患者の皆様におかれましては、ご理解、ご協力をお願いします。
1.入院患者さんとの面会を制限しています。
 入院患者さんへの「お見舞い」目的での面会は禁止です。
 一方で、ご家族との面会は患者さんの回復の上で大変重要な意味があることから、主治医が必要と認めた場合には禁止していません。
 面会が必要な場合には、マスクの着用と手指の消毒の上、短時間の面会に留めていただくようお願いします。
 ただし、過去1週間程度、体調が良くなかった方の面会はお断りしています。
2.医学的見地から真に必要な感染防止策をお願いしています。

 感染防止で大切なことはウイルスを含む飛沫を眼・鼻・口に触れさせないことです。
外来患者の皆さんにはマスク着用の徹底と、こまめな手指の消毒をお願いします。
 また、各種の自覚症状や感染者との接触の有無といった情報は、とても重要です。受診時には問診票の記入をお願いします。
 なお、ご家族など、患者さん以外の方は、来院される前にご自身で体温を測り、37.5℃以上の発熱がある場合は、来院をご遠慮ください。
3.新型コロナウイルス感染症の治療には万全を期しています。

 当院では多くの新型コロナウイルス感染症の入院患者さんを受け入れていますが、一般の患者さんと新型コロナの患者さんは病棟を分けており、接触することはありません。入院の際も一般の患者さんと交わらないよう、細心の注意を払っています。
 また、治療に当たるスタッフは感染防御策を実施し、院内感染防止を徹底しています。
【当院の感染防止に向けた取り組みの一部】

取組み1

当院は県内唯一となる第1種感染症病床を有する感染症病棟を設置し、新型コロナウイルス感染症を含めた各種感染症患者さんの治療に当たっています。一方で、院内に設置した感染管理室を中心に、職員への指導・研修の実施や院内の感染対策のチェックなどを常に行い、感染防止対策に努めています。

取組み2


当院ではパルス方式キセノン紫外線(UV)照射ロボット「ライトストライク」を2台導入し、病室や手術室で使用しています。短時間で確実に殺菌・ウイルス除去を行うことができ、感染対策に効果を発揮しています。なお、この装置を複数台導入しているのは全国でも当院だけです。
感染症指定医療機関としての役割を果たしつつ、今までどおり市民の皆さんに高度専門医療を提供し続けることが、当院の使命であると考えております。ご理解、ご協力をお願いします。

静岡市立静岡病院 病院長