グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部門 > 看護部の教育(クリニカルラダー) > 基本ラダー|卒後臨床研修・新採用者オリエンテーション

基本ラダー|卒後臨床研修・新採用者オリエンテーション


卒後臨床研修

卒後臨床研修(第1段階)

研修目的

新人のリアリティショックを緩和し、スムーズな職場適応を図る。

研修内容

4月
注射技術演習
静脈、点滴、筋肉、インスリン、採血、輸液ポンプ、シリンジポンプ、患者確認方法に関する講義と技術演習を行います。
最後にテストを行います。
テストに合格すると、注射療法を患者さんに施行できます。

看護研修

人間関係トレーニング①
研修生としてお互いを知る。
自分で自分を理解する。
自分に気づく。
部署研修I、II
病棟見学研修
  • 看護ケア場面を見学
  • 指導者と一緒にケアの実施
5月
電子カルテの説明と入力方法
実際にパソコンを操作し、カルテについての操作方法を学び、疑似患者を用いて実際に入力を行います。
看護記録
場面を想定し、SOAP記録を書いたり、互いに入院時聴取を行いながらカルテに入力します。
フィジカルアセスメント
フィジカルアセスメントの基礎を学びます。
ME機器の取り扱い
心電図モニター、低圧持続吸引器、AED、除細動器などの取り扱いを学びます。
看護技術演習
  • 1日目:当院の基礎看護手順集に則り、吸引、導尿、心電図、尿バルーンカテ留置、当院の配薬方法などの、基本的看護技術の練習。
  • 2日目:場面を想定したり、時間短縮を目指した技術練習や重症患者や手術後患者の観察などの実践的練習。

看護研修

部署研修 III、IV
  • 検温を行う
  • 指導を受けながら電子カルテに入力
  • メンバー業務の体験と理解
  • 入院生活援助の体験
  • 日曜日勤務
  • 夜勤体験
その他
  • 院内オリエンテーリング
  • 他部署見学
    (リハビリ室や手術室など自分の病棟と関係が深い部門へ行く)
  • 人間関係トレーニング(2)、(3)
  • セルフコントロール
  • 看護方式
  • 医療安全
  • 看護倫理
  • プリセプター参加グループワーク
6月
状況設定
  • ロールプレイング
    患者について説明を受け、実際に患者に対応する
    その後、グループディスカッション
  • 例:
    ①男性(虫垂炎で入院。夜間腹痛を訴えている)
    ②女性(肺炎で入院。息苦しさを訴えている)

部署研修V
  • 検温など、全ての看護技術を体験、実施する。
  • 患者の生活を知り、その生活を支援する。
  • メンバー業務を体験し、理解する。
基礎看護技術手順集
チェックリスト
3カ月評価

プリセプターと共に、できた技術を確認し今後の課題を明らかにする

看護研修


卒後臨床研修(第2段階)

研修目的

マニュアルに沿って指導を受けながら、看護実践能力を身につける。

研修内容

(1)基礎看護手順とチェックリスト評価
プリセプターと共に当院看護部の基礎看護手順集に準じたチェックリストで一つ一つの看護技術手順を確認していきます。
(2)看護方式研修
受け待ち看護師の役割を理解し、実践の為の行動目標を立てる。
  • 日々の受け待ち看護師として、役割を果たしているのかグループワーク
  • 自分の現状や状況を発表
  • 各々が待っているヒントから地図を作るゲーム
など行いました。最後は明日からできる、具体的な目標を立案します。

卒後臨床研修(第2段階)

9月に行います
久々に同期全員集合です

研修内容

(1)基礎看護手順チェックリスト評価
I―I研修のときと同じように、プリセプターと共にひとつひとつの看護技術手順を確認していきます。
(2)セルフコントロール I―2
職場ストレスをやりすごす、実践テクニックを臨床心理から伝授します。
  • ストレスチェック
  • ストレスへの対処法
  • 3つのタイプの自己表現を実際行って、アサーティブ・コミュニケーションの方法を学ぶ
(3)1年間の振り返り
2年目に向けて課題や目標を考えます。
  • 自分で成長したと思うことから共通ワードを探すグループワーク
  • キャリアIで取得に向けてどんな2年目を過ごしたいか考える

11カ月フォローアップ研修

もうすぐ1年になる2月に行います
11カ月フォローアップ研修

平成25年度卒後臨床研修スケジュール

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

研修の実績・新人の声

事例検討GW

【研修目的】
  1. 新人看護師としての取るべき行動がわかる。
  2. 主として、接遇-連絡-相談の重要性の再認識ができる。
【方法】
ロールプレイングを通して学ぶ。
  1. 予定外のことが起こった時の対処と確認
  2. 報告・相談の必要性がわかる
  3. 自分で判断がつかないときの対処

研修の実績

患者さんから採血を
拒否された場面を想定

【研修生の声】
  • 自分ひとりではどうしてよいか分からず困ってしまった時に、周りのスタッフの方々(先輩達)にしっかり今の状況を説明して、相談するようにしたい。
  • 自分ひとりですべてを行うことは難しいと思った。周りの先輩達に協力を求める勇気も必要だと感じた。
  • 看護師は人の命を預かる専門職なので、責任をもって確実に自分ができることを実施していきたい。

研修生の声

患者さんがベッドから
落ちてしまった場面を想定