グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 病院からのお知らせ > 大動脈・血管センターを開設しました

大動脈・血管センターを開設しました


当院は循環器病の治療実績が多くあり、以前からハートセンターとして循環器内科と心臓血管外科が協力して診療にあたってきました。
ハートセンターは心臓の病気を治療するイメージが強くありますが、実際には大動脈や手足の動脈、静脈の病気も多く治療しています。
これらの病気について、今まで以上に安心して治療を受けていただけるよう、当院では本年4月から、ハートセンターに「大動脈・血管センター」を併設しました。
大動脈・血管センターでは、大動脈瘤のステントグラフト治療や人工血管置換術、手足の動脈の動脈硬化による狭窄や閉塞の治療、静脈瘤の治療などを、心臓血管外科と循環器内科が密接に連携して行っています。
患者さんの負担が少ない低侵襲な治療や、日々進歩を続ける最新の医療技術を取り入れた治療法の実践に向けて取り組んでまいります。

先日発行した病院広報誌「体温計」第154号では大動脈・血管センターを特集しています。
ホームページ上にも掲載していますので、ぜひご覧ください。