グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 病院案内 > 身体障害者補助犬の受け入れについて

身体障害者補助犬の受け入れについて


当院では、身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の同伴を受け入れています。次の受け入れ条件により、同伴可能区域への受け入れを行いますので、皆様のご理解をお願いします。なお、身体障害者補助犬以外の動物(ペット)の同伴はお断りしています。

受け入れ可能な身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法に基づく3種類)

盲導犬 ハーネス(胴輪)をつけています。
介助犬 「介助犬」と書かれた表示をつけています。
聴導犬 「聴導犬」と書かれた表示をつけています。
(注)身体障害者補助犬以外の動物(ペット及び病院で許可した以外のアニマルセラピー犬等)同伴のご来院は、固くお断りしております。

身体障害者補助犬を使用されている方へ

身体障害者補助犬を同伴される方は「総合案内」など、病院職員にお申し出ください。なお、必要に応じて以下の点について確認をさせていただく場合がありますので、ご了承ください。
  • 「身体障害者補助犬健康管理手帳」の所持の有無
  • 「身体障害者補助犬認定証」の所持の有無
  • 予防接種の有無

院内での身体障害者補助犬の同伴区域

同伴可能区域 外来診療部門 •外来ホール、待合
•各診療科待合、診察室
入院部門 •病棟(面会は、各病棟内デイラウンジとします)
(注)ご入院の場合、原則として補助犬の同伴はご遠慮いただいております。
同伴禁止区域 •手術室
•集中治療室
•無菌室
•隔離室
•感染病棟
•血液浄化センター
•外来化学療法室
•各検査室
•放射線部門(X線・CT・MRI撮影室・PET室等)
•病室
•その他別に病院長が定める区域
※使用者が同伴区域に入る場合の補助犬の誘導
使用者に同伴者がいない場合には、病院職員または看護師が補助犬をお預かりいたします。

身体障害者補助犬を見かけたら(補助犬に対する注意事項)

身体障害者補助犬は、ペットではありません。適切な健康管理と予防対策を講じられた犬であり、補助犬使用者がきちんと行動管理をしていますので、他の患者さんなどに迷惑をかけるようなことはありません。補助犬使用者がハーネスや表示をつけた補助犬を同伴している時、補助犬は「仕事中」ですので、院内で見かけた際は静かに見守ってください。
身体障害者補助犬の仕事の妨げとなる行為はご遠慮ください。
•声をかけたり、じっと見つめたり、勝手に触ったりしないでください。
•食べ物や水を与えないでください。
※犬のアレルギーや苦手な方、その他何か問題があればご遠慮なく職員にお知らせください。