グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




救急科


救急科の特色

静岡の救急医療体制は、急病センター及び在宅当番医が初期救急医療を担い、当院を含む市内の公的病院が輪番制により、入院治療等を要する重症患者に対する二次救急医療に対応しております。その中で、当院は救命センターを持たない二次医療機関ですが、断らない救急をモットーに24時間365日、軽症の初期救急から最重症の三次救急まで、幅広く対応しており、静岡市内最多の年間6000台弱の救急車を受け入れ、静岡の最後の砦となるべく、日夜奮闘しております。

当院の特徴として、急性心筋梗塞、大動脈解離等の循環器疾患については、毎日循環器内科医がCCU当直医として、また、心臓血管外科医がICU当直、ICU当番を行っているので、いつでもすぐに対応できる体制をとっております。また、当院がかかりつけ病院である証のオレンジカードを持つ患者さんはいつでも(当番日以外も含め)対応する約束となっております。

救急科では業務拡大のため、救急医を募集しています。専門医取得の有無は問いません。また、当院で救急専門医が取得できるように、日本救急医学会救急科専門医指定施設認定を今年1月より取得しました。市内最多の救急搬送台数を誇る当院にて、一緒に働きませんか?