グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部門



看護部長のあいさつ

静岡市立静岡病院は、地域の医療を支える病院として高度急性期医療を提供します。
看護部は「患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します」を理念に掲げ、看護師は患者さん自身がもっている良くなろうとする力を信じ、看護の専門性を発揮し、患者さんが“その人らしく”自立できるよう支援します。

社会の変化に伴い、看護は「いのちをまもる」「生活を整える」に加え、患者さんが病気をもちながらも地域で安心して生活していけるために「くらしにつなげる」役割も大きくなりました。患者さんが不安なく治療を受け、安心して療養できるためには、やさしさはもちろんですが、看護師ひとり一人の専門職としての実践力を上げていく必要があります。

看護部では、クリニカルラダーによる教育を行っています。新人は、3ヶ月間の卒後臨床研修から始まり、基礎教育を基に一つ一つ経験を積みながら臨床実践能力を高めていきます。さらに看護の専門性を高める教育によりキャリアアップし、スペシャリストへの支援も整えています。看護師が主体的に自己の能力を開発する力を尊重し、専門職としての向上をめざし、やりがいをもって働き続けられることを大事にしています。また、働き方に対しては「仕事と生活の調和」が図れるために、夜勤の負担を軽減した勤務や休日の確保、育児が両立できるための多様な働き方の取り組みをしています。

「患者さんが看護に満足され」、「看護師は看護したことに満足できる」ために看護部は支援していきます。
副病院長兼看護部長 吉田佳枝

看護部の紹介

看護部理念
患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します

看護方針
  1. 人間の生命・人間としての尊厳及び権限及び権利を尊重します。
  2. 患者さんの生命力を最大限に引き出し、生活の質を支える専門職として看護に責任を持ちます。
  3. 患者さんに合わせた細やかな心配りをします。
  4. 看護の専門性を発揮し、他職種との協働・地域医療連携に努めます。
  5. 組織の一員として病院経営に参画します。

看護部目標

看護体制



看護部の教育

看護部の教育
(クリニカルラダー)

認定看護師の紹介

認定看護師の紹介
(Certified Nurse)