グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 医療支援部門 > リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科


スタッフ紹介

作業療法士:4名、理学療法士:16名(内パート1名)、言語聴覚士:4名、
医療補助:1名、クラーク:1名

認定資格

  • 日本理学療法士協会専門理学療法士:内部障害1名
  • 認定理学療法士:運動器1名、脳卒中1名、呼吸2名
  • 3学会合同呼吸療法認定士:13名
  • 心臓リハビリテーション:指導士4名
  • がんのリハビリテーション研修会修了:医師4名/PT6名/OT3名/ST1名
  • 糖尿病療養指導士:1名
  • 日本救急医学会認定ICLSコース修了:3名
  • 日本転倒予防学会認定転倒予防指導士:1名
  • NST専門療法士:1名
  • 呼吸ケア指導士(初級):1名

部門紹介

理学療法(PT)

身体機能や痛みの評価・分析をもとに、病態の急変などに対するリスク管理を行いつつ、廃用症候群の予防(筋力低下や関節が固くなることの防止、呼吸機能の維持等)、手術前後の指導、麻痺に対する回復促進、基本動作能力の改善、日常生活の指導、運動プログラムの提案、杖や装具等の使用方法の指導などを行います。

作業療法(OT)

家庭復帰,社会復帰を目指す方の応用動作能力の回復をサポートします。とくに手指の細かい動作や身の回りの動作ができるよう、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて、治療・指導・援助を行ないます。

言語聴覚療法(ST)

コミュニケ-ションが取りづらくなった方や食事をとることが難しくなった方に対して、評価・訓練・指導などを行ないます。