グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 広報誌・イベント > 静岡市民「からだ」の学校 > 第10回 静岡市民「からだ」の学校

第10回 静岡市民「からだ」の学校


静岡市立静岡病院創立150周年記念事業
-医の150年- わたしたちの静岡、わたしたちの医療
第10回 静岡市民「からだ」の学校を下記の日程で開催します。

当院は、平成31年2月21日に病院創立150周年を迎えます。

そこで今回の講演は、これまで開催してきた『静岡市民「からだ」の学校』のような医療関係のお話しではなく、現在、市民の皆様に医療を提供できているこの場所(病院)が誕生するまでの歴史について、専門家をお招きし講演を行ないます。

これまでと違った『静岡市民「からだ」の学校』ですが、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

2018年10月20日(土曜日)
14時00分~16時00分
(開場13時30分)

開催場所

グランシップ11階 会議ホール「風」
(静岡市駿河区東静岡2丁目3-1)

定員・参加費等

【定員】 300名(申込み順)
【参加費】 無料


※どなたでもご参加いただけますが、事前申込みが必要となります。

お申し込み方法

★Webから
お申込みサイトで、住所、氏名など必要事項を入力してください。
お申込みサイトへ ※別ウィンドウで開きます
★お電話で
054-253-3125(代表)
受付日時:月~金(祝日除く)8時30分~17時
※オペレーターに「からだの学校の申込み」と伝えてください。
★ファックスで
054-253-3155
申込み用紙をダウンロードし、必要事項をご記入ください。
ファックス送信の際には、番号のおかけ間違いにご注意ください。

お申込み期限

平成30年10月17日(水)まで

第10回チラシ

主催

地方独立行政法人静岡市立静岡病院

後援

一般社団法人静岡市静岡医師会、静岡新聞社・静岡放送、常葉大学、静岡県公立大学法人静岡県立大学、静岡県立大学短期大学部(順不同)

開催状況

10月20日(土曜日)グランシップ11階会議ホール「風」において、当院創設150周年記念事業として『第10回静岡市民「からだ」の学校』を開催し、約190名の方にご参加いただきました。特別講演に先立ち、「-医の150年- わたしたちの静岡、わたしたちの医療」と題して当院病院長の宮下正から、静岡病院150年のあゆみや静岡病院開設布告書の解説等をした後、現在の静岡病院の取り組みについて紹介しました。
特別講演では、国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学教授の樋口雄彦氏をお招きし、「徳川家がつくった明治初年の静岡病院」と題して、駿府藩に駿府病院が開設され、静岡病院へ改名した経緯や病院の規則書や医学教育の取り組み等について、歴史史料に基づき詳しく解説していただきました。
今回で第10回目を迎える「からだ」の学校では初めて「歴史」をテーマとした内容でしたが、参加者の皆様からは「いつもと違う内容だったが、普段は知ることができない興味深い話で面白かった」、「静岡病院の始まりである駿府病院、歴史を知るいい機会となった」とのお声をいただきました。当院ではこれからも、150年の伝統と歴史を引き継ぎ、質の高い医療を提供するのはもちろんのこと、地域に根ざした開かれた病院として、市民の皆様に情報を発信し続けていきます。

第10回会場の様子

第10回樋口先生

お問い合わせ先

静岡市立静岡病院 医療がつなぐ「ひと」と「地域」の交流センター(総務課 総務・広報係)
電話:054-201-9757(直通)|FAX:054-253-3155
E-mail : info@shizuokahospital.jp