グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 広報誌・イベント > 静岡市民「からだ」の学校 > 第11回 静岡市民「からだ」の学校

第11回 静岡市民「からだ」の学校


静岡市立静岡病院創立150周年記念事業
静岡病院の心臓病治療 ~ハートチームによる診断から治療まで~
第11回 静岡市民「からだ」の学校を下記の日程で開催します。

今回の講演は、当院の心臓血管外科、循環器内科の医師が、静岡病院の心臓病治療について詳しく解説いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。

開催日時

令和元年6月30日(日曜日)
14時00分~16時00分
(開場13時30分)

開催場所

グランシップ11階 会議ホール「風」
(静岡市駿河区東静岡2丁目3-1)

定員・参加費等

【定員】 300名(申込み順)
【参加費】 無料


※どなたでもご参加いただけますが、事前申込みが必要となります。

お申し込み方法

★Webから
お申込みサイトで、住所、氏名など必要事項を入力してください。
お申込みサイトへ ※別ウィンドウで開きます
★お電話で
054-253-3125(代表)
受付日時:月~金(祝日除く)8時30分~17時15分
※オペレーターに「からだの学校の申込み」と伝えてください。
★ファックスで
054-253-3155
申込み用紙をダウンロードし、必要事項をご記入ください。
ファックス送信の際には、番号のおかけ間違いにご注意ください。

お申込み期限

令和元年6月26日(水)まで

第11回チラシ

主催

地方独立行政法人静岡市立静岡病院

後援

一般社団法人静岡市静岡医師会、静岡新聞社・静岡放送、常葉大学、静岡県公立大学法人静岡県立大学、静岡県立大学短期大学部(順不同)

開催状況

6月30日(日曜日)グランシップ11階会議ホール「風」において、当院創設150周年記念事業を締めくくる「第11回静岡市民『からだ』の学校」を開催しました。
当初の定員を超える約350名のお申込みがあり、当日は梅雨前線の影響であいにくの空模様となりましたが、約320名の方にご参加いただきました。
当院病院長兼ハートセンター長 小野寺知哉先生の開催挨拶から始まり、当院循環器内科縄田隆三先生から心臓病センターから始まった静岡病院の心臓病治療の歴史、約60年前から脈々と受け継がれている循環器内科と心臓血管外科とともに様々な職種が一体となっている「ハートチーム」が当院の強みであることを解説しました。
その後、循環器内科・心臓血管外科の医師が心臓病について解説し、身体への負担が少ないカテーテル治療や、当院で行っている外科治療について、アニメーション等を用いてわかりやすく解説し、循環器内科・心臓血管外科の医師が一体となって、患者さんの身体への負担・予後を考え、患者さん一人ひとりの治療方針を決めていることを解説しました。受講者の方々はメモを取りながら真剣なまなざしで講演を聞いてくださり、「わかりやすかった」「参考になった」という声を多くいただきました。また、これからも増加するであろう心臓病を少しでも早く発見し、早期治療を行うことが大事であると「検診」の重要性を解説し、受講者へ年に一度は定期的に「検診」を受けるよう呼びかけました。
なお、次回の「第12回静岡市民『からだ』の学校」は10月26日(土曜日)に開催を予定しています。

当日写真

当日写真

お問い合わせ先

静岡市立静岡病院 医療がつなぐ「ひと」と「地域」の交流センター(総務課 総務・広報係)
電話:054-201-9757(直通)|FAX:054-253-3155
E-mail : info@shizuokahospital.jp