グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 採用情報 > 臨床研修医・専攻医情報 > 指導医師のご紹介

指導医師のご紹介


脇 昌子

脇 昌子

教育研修管理センター長(副病院長)
内分泌・代謝内科
昭和54年卒

医療面接、身体診察の技術、適切なカルテの記載、症例プレゼンテーション、感染症の診断、適切な抗生物質の使い方、水・電解質バランス、栄養評価とサポート、エコー・画像診断、救命救急医療など基本にこだわった臨床研修に力を入れ、後輩を指導できる研修医を育てたいと思っております。熱意と体力のある研修医をお待ちしております。

水野 薫子

水野 薫子

教育研修管理センター副センター長(診療部長)
産婦人科
平成元年卒

診断能力や手技を習得するだけでなく、医師として患者と接する人間性も学んでほしいと考えています。どの科に進むにせよ、多くの分野を学べる貴重な時期であり、はじめの数年間は医師としての基礎ができあがる大事な時期です。指示されたことだけでなく、自分で問題点をみつけ指導医を動かすくらいの積極性をもった研修医をお待ちしています。私達もよき道標となるよう努力し、サポートします。

縄田 隆三

縄田 隆三

教育研修管理センター副センター長(診療部長)
循環器内科
平成元年卒

研修医の2年間は医師としての実力をつけるだけでなく、社会人としての第一歩を踏み出す大切な時期です。当院は症例が豊富なだけでなく、診療科同士の垣根が低くスタッフと若手医師の連携も良好で、さまざまなコミュニケーションスキルを身につけることができます。時には壁に突き当たることもあるかも知れませんが、何でも相談してください。

前田 賢人

前田 賢人

教育研修管理センター副センター長(診療部長)
外科・消化器外科
平成2年卒

初期研修医の2年間は、将来進む方向を見据えつつ、医師として幅広い分野を学ぶことができる時期です。さらには、患者さんに寄り添う、思いやりのある誠実な姿勢を身に着けていただきたいと考えています。母校を離れ、当院で新しい仲間と出会い、お互い切磋琢磨しながら、良医を目指して、成長していける環境を提供いたします。