グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 採用情報 > 臨床研修医・専攻医情報 > 先輩ドクターからのメッセージ

先輩ドクターからのメッセージ


平成29年度研修医    倉脇史郎

私が初期研修先として当院を選んだ理由は、何と言っても救急症例の多さにあります。様々な症例で数をこなしていくことで、総合的に診る力がつくと思いました。働き始めてからも、当院を選んで良かったと思っております。様々な診療科が存在することで将来的な面で学べることが多く、また、研修医の数が多いのも良い点だと思います。自分が診たことがない症例も、誰かが経験していれば研修医同士で教え合うことができ、勉強になります。さらに言えば、立地も非常に良く、5分も歩けば繁華街に辿り着きます。静岡名物の魚料理、生桜えびなどを食べてしまえば、当院を選んで後悔などしようもありません・・・。
話がそれましたが、是非一度、当院に病院見学に来て下さい。この場では語りきれない生の話などをお伝えできると思います。

平成29年度研修医    八木  瞳

当院での臨床研修を検討している学生のみなさんへ。
臨床研修はどこの病院でやろうが大差ないよ、という話を聞いたことがあると思います。そのどこの病院でも大差ないという説に対して、当院は「十分に差がつく」選択になる、魅力ある病院です。
研修医の一番の働きは救急外来で実感できます。私は救急外来の症例数がとにかく豊富な当院を志望しました。研修医が問診をとり鑑別し、検査をして判断を下し処置をします。上級医は相談しやすく、身になるフィードバックを頂けます。研修医向けの講義や手技指導も充実しており、日々成長を実感できるかと思います。
大差ない、に対して差をつけると書きました。差がつくか、大差がつくかはあなたの働き方次第です。ぜひ当院で一緒に成長していきましょう。

平成28年度研修医    伊東侑治郎

私が静岡市立静岡病院を研修病院として選んだ理由は、地域の中核病院で幅広い症例を経験できるからです。当院は31の診療科がそろっており、研修プログラムは選択期間が8ヶ月と長いため、自分の希望に沿ったプログラムを作ることができます。画像診断や臨床検査など、他院では回れない科を選択することもできます。
また2次救急病院でありながら市内で最も多くの救急搬送車を受け入れており、初期臨床研修医はそのファーストタッチを任せてもらえます。分からないことも多いですが、上級医から的確な指導をしていただけるため、安心して診療を行うことができます。
当院での初期臨床研修を考えて、是非一度見学にお越しいただき、当院の良さを自分の目で確かめていただければと思います。

平成28年度研修医    加藤裟智穂

私は2度の病院見学と臨床実習を通じ、当院が温かく質の高い医療を実践している病院であると実感し、それが臨床研修先の病院として選ぶ決め手になりました。
当院は救急診療に力を入れており、また循環器領域の診療には長い歴史と実績のある点が大変魅力的です。事実、静岡市内で最も症例数が多く、多様な疾患を経験することができます。研修環境については、同期が12名おり、お互いに情報交換し、助け合いながら、研修をおこなっています。そして何より、研修担当の先生から各科の指導医の先生方まで、皆さんが研修医を大事にし、熱心に指導してくださり、有意義な研修生活を送ることができます。感染症道場、外科系集中講義、救急セミナー等、自身のスキルアップにつながる研修医向けの多彩なセミナーも魅力のひとつです。
臨床研修先に迷っている方、充実した研修生活を送れる病院はここにあります。是非一度当院へ見学にいらしてください。