グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 管理・経営部門 > 感染管理室

感染管理室


感染管理室はICD(インフェクション コントロール ドクター)2名と感染管理認定看護師によって構成されています。
感染症とは、病原微生物が原因となって引き起こされる病気のことです。病院で質の高い医療を提供するためには、病院内での感染症の発生を未然に防ぎ、感染症が発生した際はその拡大を防止することが重要です。すべての感染症が人から人へ伝播するわけではありませんが、適切な感染防止策を行うことによって伝播を防ぐことができる感染症も多くあります。
感染管理室では、病院内で適切な感染症対策ができるようになるために、専門の医師、看護師に加え、専任の薬剤師、臨床検査技師を交えて週に1回ミーティングを行い院内各部署の巡視を行っているほか、職員教育、院内感染対策マニュアルの作成や改訂、院内感染サーベイランス、感染対策や感染症診療に関するコンサルテーション業務を行っています。
患者さんやご家族をはじめとし、病院職員を含めたすべての人々を感染症の危険から守るために日々活動しています。

感染管理に関する組織

院内感染対策委員会

医療関連感染の予防及び感染発生時における適切な対応を図るために設置し、感染対策委員会を月に1回程度開催しています。

感染制御チーム(ICT:Infection Control Team)

当院の院内感染対策を推進するために、感染管理室に「静岡市立静岡病院感染制御チーム」を設置しています。
ICT会議を月に1回程度開催しています。

感染管理室

院内感染対策の効率的な実施と迅速な問題解決のための現場サポートを行っています。

病院感染管理に関する職員研修

感染対策委員会は病院職員の院内感染対策に関する基本的知識の習得を目的として研修を行っています。
研修は年2回以上開催し、必要に応じて院外講師を招聘しています。

院内感染対策推進のために必要な基本方針

  1. 職員は、医療関連感染を防止するために、院内感染対策マニュアルに記載された感染対策を実施する。感染対策上の疑義については、感染管理室またはICTと十分に協議する。
  2. 職員は、自部署の感染対策上の問題発見に努め、感染管理室、ICTと協議しこれを改善する。
  3. 職員は、医療関連感染を防止するため、ワクチン接種を積極的に受ける。また日頃から自身の健康管理を十分に行ない、感染症罹患時またはその疑いがある場合は速やかに院内報告体制に基づき報告する。

地域支援

当院は地域の中小病院や診療所からの感染管理に関する支援要請に対応する役割を担います。