グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 医療支援部門 > 検査技術科 > 国際規格「ISO15189」認定取得

国際規格「ISO15189」認定取得


国際規格「ISO15189」認定取得

地方独立行政法人 静岡市立静岡病院検査技術科は、臨床検査室の国際規格「ISO15189」の認定を2019年9月27日付けで取得しています。ISO15189とは、臨床検査室の品質と能力に関する特定要求事項を満たして、提供するものとして国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO、本部はスイスのジュネーブ)が2003年に設定した国際規格です。内容は、組織と検査室管理者の責務、品質マネジメント、文書管理、一連の検査に関する説明や助言、苦情処理、内部監査などの管理上の要求事項と、要員の教育・力量確保、施設環境、検体採取から結果報告、精度管理などの技術的要求事項からなっています。
臨床検査室の認定基準として国際的に広く受け入れられており、静岡県内でも6施設が認定されています(2019.10現在)。
当院検査技術科は、この国際基準に則って患者さん主体の検査を行っており、検査値は国際的に通用する信頼できるものです。
これからも最良の臨床サービスを提供できるよう職員一丸となって、さらなるレベルアップに努力いたす所存です。





→詳細は、公益財団法人日本適合性認定協会の「臨床検査室の認定」(外部リンク)をご覧ください。