グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




産婦人科


産婦人科の特色

産婦人科は、生命誕生に携わる産科と、腫瘍性疾患や内分泌疾患などの治療を取り扱う婦人科の二本柱で構成されています。

産科

当院では NICU を併設し、各科揃っているため、早産や母体合併症のあるハイリスク症例を多数受け入れています。それらの経緯から、当院は平成20年10月より、静岡県の地域周産期母子医療センターに指定されました。なお、必要のある場合には、県立こども病院をはじめとする総合周産期センターと連携をとりながら周産期管理を行っています。また、異常分娩時には小児科医師も立ち会い、迅速・適切な処置・治療を行っています。

基本的には自然分娩を主体としていますが、医学的適応 (妊娠高血圧症、双胎など) や社会的適応 (自宅が遠方である) などにより、必要に応じ分娩誘発も施行しています。分娩時の夫立ち会いも、両親学級に出席していただくことで立ち会うことができます (正常分娩に限ります)。助産師による「しずMamaRoom」では、妊婦さんが安心して分娩にのぞめるよう随時相談にのっており、分娩後までお手伝いさせていただきます。

婦人科

子宮筋腫・卵巣嚢腫などの良性腫瘍、子宮内膜症、子宮脱のほか、良性疾患に対しては、患者さんに適した手術または保存的治療を行っています。子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌の悪性腫瘍には、傍大動脈リンパ節郭清を含む手術および化学療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。多くの化学療法は外来通院で行い、在宅治療を推進しています。その他、無月経などの内分泌的疾患、不妊症など婦人科疾患一般を幅広く診療しています。迅速な診断から、患者さんにあった適切な治療方針を決定しています。

外来

場所:西館2階
外来受付時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)8時30分~11時30分

外来担当医表

クリニカルパス

医療の標準化を目指し、質の高い医療の提供と、効率的かつ、患者さんに分かりやすい医療を目指し、クリニカルパスを作成しております。
院内で承認されたクリニカルパスについて、次のシートを用いて、患者さんに入院中の診療スケジュール等を説明しております。

クリニカルパス