グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部門 > 看護部の教育(クリニカルラダー) > 専門ラダー|キャリアS-V研修

専門ラダー|キャリアS-V研修


キャリアS-V研修

領域別ラダー(専門)

専門ラダーは日本看護協会認定看護師の認定を受けた看護師を活用することのよって育成することを目的とする

認定看護師育成の基本的考え方

1.役割
特定の看護ケアの分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、質の高い看護を実践し、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図る。
  1. 専門分野における看護実践能力を発揮し、患者満足度の高い看護を提供する。
  2. 根拠に基づいた実践を提供することで他者の役割モデルとなる。
  3. 効果的な指導力を身につけ、優秀な人材の育成に貢献する。
  4. 常に専門分野についての研鑚を重ね、質向上のリーダーシップをとる。

2.位置付け
特定の看護ケアを必要とする患者の多い部署あるいは関連部署の1スタッフとして配置する。

3.業務
1. 実践 基本的に認定看護師が所属する部署で実践活動をし、自己の持つ知識・技術を活かし、自己及びその部署におけるケアの質の向上に寄与する。
2. 指導 院内外の指導の要請、依頼に対し、業務の調整可能な場合できる限りタイムリーに対応をする。
3. 相談 院内の相談の依頼に対し、業務の調整可能な場合、できる限りタイムリーに対応する。

認定看護師育成

現在、救急看護認定看護師1名、透析看護認定看護師1名、皮膚排泄ケア認定看護師1名、感染管理認定看護師1名、がん化学療法看護認看護師1名、集中ケア認定看護師2名、緩和ケア認定看護師2名、糖尿病認定看護師1名、認知症認定看護師1名が臨床で活躍しています。

認定看護師紹介(Certified Nurse)