グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 看護部門 > 看護部の紹介

看護部の紹介


看護部長のあいさつ

ごあいさつ

 当院看護部の理念は、「患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します」です。 人間が本来持っている生きる力(病気やケガなどからよくなろうとする自然治癒力) を自ら十分発揮できない状況になった時、 生命力の消耗を最小にするよういのちを守り、どうしたら生きる力を最大に発揮できるのかを考え生活を整えることが看護であるという、フローレンス・ナイチンゲールの思想を基盤としています。
 患者さんの最も近くにいる私たちが、常に「Patient First」をこころがけ、患者さんにとって何を優先すべきか考え、患者さんの言葉に耳を傾け、触れて情報を読み取り、ケア(手当て)が出来ることを私たち看護部の目標としています。
 これからの少子・超高齢社会を支えていくために看護職が疲弊してしまうと医療の質も低下してしまいます。 現場で患者さんと接している私たち看護職が生き生きと長く働き続けられるように、そして、患者さんのために看護の力を十分に発揮できるような環境を整えていくことが看護部門の長としての役割であると考えます。患者さんに安心して医療・看護を受けていただけるよう、看護部一同、より一層努力してまいります。今後とも、ご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
看護部長 青山治子

看護部の理念・方針

看護部理念
患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します

看護部方針
  1. 患者さんの尊厳及び権利を尊重し、意思決定を支えます。
  2. 患者さんに合わせた細やかな心配りをします。
  3. 地域医療の充実をはかるため、急性期病院の看護師としての責務を果たします。
  4. 看護の専門性を発揮し、チーム医療を推進します。
  5. 病院組織の一員として経営に参画します。

看護部目標

令和5年度 看護部テーマ

  1. 臨床推論を看護ケアに活かす
  2. 互いに補完し合い看護力を高める
  3. 医療チームの中で看護の専門性を発揮する
  4. 健全な病院経営に参画する

看護部BSC

財務の視点
病院経営への参画 ・看護職員の確保をする
・病院機能評価認定更新の取得
・診療報酬に対応し、収益を確保する
入退院支援を強化し
円満な病床管理を行う
・空床管理システムを活用した病床管理を行う
・クリニカルパスの稼働率を45%以上に保つ

顧客の視点
看護業務の効率化を図り
ベッドサイドケアを充実する
・業務量調査を実施・結果を分析し看護業務をカイゼンする
・ベッドサイドケアを充実する
特定看護師が活躍し
看護の質向上を図る
・病棟看護師による退院前訪問・退院後訪問の運用方法の構築と実施
・病棟看護師と入退院支援看護師が積極的に情報を共有し、患者の意思を確認し尊重した退院支援につなげる
・認定看護師による退院後訪問の実施継続

内部プロセスの視点
お互いを認め合い
高め合う看護チームになる
・固定チームナーシングの強化
・看護カンファレンスの実施(看護実践の振り返り)
働き続けられる職場環境をつくる ・協力・助け合いが自然にできる職場づくり
・意見を出し合える風土
・業務のカイゼン
・院内夜間保育の活用

学習と成長の視点
看護業務の
タスクシフト・シェアの推進
・看護補助者の活用
高度急性期医療に対応できる
看護師を育成する
・臨床推論を学び、アセスメント力の向上を図る
・臨床推論を看護ケアに活かす
・クリニカルラダー研修のケーススタディを臨床推論に移行する
・高度専門医療を推進するリソースナースを増やす
看護職員のメンタルヘルス支援 ・メンタル不調時は躊躇せずに相談できる環境を整える
・責任者は勤務者全員に声かけを行う

看護体制

看護部門 組織図

令和5年度看護部門組織図

看護師配置
一般病棟 7:1
ICU 2:1
HCU 4:1
看護方式
  • 固定チームナーシング
  • 継続受け持ち制
  • ペアナーシング静岡病院方式

勤務体制
変則3交代勤務
勤務時間 休憩時間
日勤 8時00分~17時30分 60分
遅勤 10時00分~20時45分 60分
夜勤 20時00分~9時30分 90分