グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




膵臓癌・胆道癌


症状が出にくいため発見が遅れることが多い癌ですが、手術で切除可能と診断された場合には積極的に膵頭十二指腸切除術などを施行しております。また、症例に応じて、拡大切除術・血管再建術も施行しております。消化器科・放射線科との連携により、手術療法のみならず、放射線照射やジェムザールやTS-1などの抗癌剤治療を行い、生活の質を落とさないように努め、総合的な診療を行っています。